通風と換気

日本の住宅は,日照とともに,通風の良さを理想としてきた。通風が良いということは同時に換気が良いということであるが,この通風と換気それぞれにも ,調湿と同様,人間のためと建物のための双方の意味が含まれている。夏に通風が涼しさを感じさせるのは,風が人間の身体を直接なめ,汗の蒸発を積極的にし,気化熱を奪うことによる。 同時に建物の隅々まで風を当て,その表面からの水分の蒸発を促すことも通風の目的となっている。

他方,換気は人聞にとって四季にかかわらず必要で,新鮮な空気の供給と ,汚れた空気の排出をするものだが,建物にとっての換気は,水蒸気を水蒸気圧(絶対湿度)の高い室内から外気へ積極的に逃がすことである。とりわけ冬は,窓を閉ざし,暖房をするので,換気は忘れられがちであるし,また,やろうとしても同時に熱を逃がしてしまうことにもなるため,消極的にしか行われていない。かつて,木造住宅では,その生来のさまざまなすき聞から,少しずつ自然に換気が行われていた。しかし,コンクリート造や,枠組構法などの現代の木造,それにアルミサッシの利用などてる気密性の高い今日の住宅においては,厨房や浴室 ・トイレなどで部分的に,機械的換気が行われているほかは,全く考慮されていないといってよい。せいぜい ,プラスチック製の固定換気口を設けている程度で,それらは,換気装置として十分であればあるだけ,空気とともに熱も,そして音も漏らしてしまうようだ。もしここで,壁装に高性能な防湿層(ペーパーバリア)を設けようとするならば,室内の水蒸気を逃がす方法は,よりいっそう換気に頼ることになる。こうしたとき ,熱ロスの小さい熱交換式換気扇を用いるのも一つの方法であるが,できれば,木製サッシなど建築的な手段で,熱も音も失われない換気方式も考えてみたいところである。

一般的に吸放湿性のある素材は,透湿性もあり ,素材が周囲の湿度と平衡になるまで,吸放湿したり,透湿したりして,それ自身の調湿を図っている。夏は建物内外の温度差も小さし素材の平衡含水率も高いので吸湿平衝となり,逆に冬は素材が乾燥状態で放湿平衡となる。一般に固体の中の水蒸気の移動は遅いが,繊維状の素材の中では比較的スムースであり,木も,吸放湿や透湿の速度は良い方の部類に属する。したがって木製サッシのように,その内外が直接,建物内外と接していることは ,冬の調湿に,少なからず、役立っているのではないかと考えられる。他方,仕上げ材としての木や木質系の下地材は,その吸放湿能によって,夏の表面結露防止などの調湿的役割を,幾分かは果たしているといえよう。しかし,いずれにせよ ,こうした木の調湿への利用は,まだ今後の研究が必要であり,換気という ,水蒸気の放出という直接的方法を捨て去ってしまうことはできない。