気流と調湿

換気を行うことは,人間にとってはたんに新鮮な空気の供給だけといっても言い過ぎではない。冬は,排気については,熱交換式換気扇などを用いて熱ロスを抑える一方,吸気 については,夏の通風とは反対に,むしろ冷気を直接身体にあてない工夫が必要で,そのため冷蔵庫やストー ブの 排熱を利用してプレヒートするとか,暖炉を換気暖房として積極的に活用するなどが考えられる。他方,建物にとっての換気は,湿りか,部屋の入り隅も ちょうどひさしの出隅部の対角長と荷重の関係に似て,何も障害物が無くても熱が伝わりにくく,他より表面温度が 2~ 3 0C低い 所となってしまう。こうした場所は,夏にも表面温度は上がりにくく ,結露しカビが生じやすい。冬のように温度が10度以下に下がることはないが,湿度が高いため, 20度近辺でも飽和結露し,その量も多い。夏の結露対策のやっかいさは,日照による以外に,壁の表面温度を上げにくいことにあるが,その他にも,断熱材が外部からの熱の影響を防ぎ,その表面温度を低く保つことにも関係気の希釈という目的を果たすためです。気流がなく動かない空気があると ,壁面は暖房や日射などで暖まった空気から熱の供給が受けられず,その壁装等の表面温度は,空気温度より低くなり結露を生じやすくなる。部屋に置かれた家具の裏引き寄せられたカーテンの裏,ひらいた状態に保たれたドアと壁の間などが危険箇所とされるほか,部屋の入り隅も ,ちょうどひさしの出隅部の対角長と荷重の関係に似て,何も障害物が無くても熱が伝わりにくく,他より表面温度が2~ 3 0C低い場所となってしまう。