壁体の構造と性能

壁体の性能について考える時,断熱性能についての考慮はなされているといえる。木造軸組構法においてはグラスウール印刷を壁体内に設置すること,RC造集合住宅においては北側外壁の防露壁を内張りすることがそれである。しかし ,壁体内結露に代表されるように,断熱性能を高めようとして考慮された壁構法がトラブルを生じさせることが多いのも周知の事実である。一般論としては,従来開放型であった日本の住宅が,閉鎖型へと移行する過程で発生した諸問題であるといえる。環境工学的に快適な室内空間を実現しようとする時に,閉鎖型住宅で機械的に環境を コントロールしようとするのは ,時代の大きな流れでもある。一般的には,施工性や経済性を優先して構法が決められており,断熱性能を初めとして諸性能を十分に発揮できるように考慮されているとは言い難い。特に,ここで問題にしようとしている調湿性能に関しては,まったく意識されていないと指摘できよう。

ここでは,鉄筋コンクリート造と木造軸組構法の外周壁と内壁の代表的な数例について,発生しやすいトラブルを示している。現在一般的に施工されている壁構法は,性能的には問題をもっていること ,特に調湿性能に関しては全く考慮されていないことが理解できよう。